admin≫

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 裏香里園♪ワインの香りは正に自然が生きている証なんですね♪感動♪日本酒も同じですヽ(^o^)丿 

...img_012.jpg


ブドウから得られる香りワインの香りはブドウから直接引き出されます。早飲みワインの場合、

瓶詰め直後はもっぱらブドウ本来の香りが主導権を握ります。

果実の香りは熟成が進むにつれて脇役に回るか、熟成して生じたアロマを補う存在となります。





瓶熟成から得られる香り長い時間をかけて瓶内で熟成が進んでいくに従い、あらたな香りが生まれ、

熟成したワインの香りが深まっていきます。

ワインとしてのピークを迎えると、成熟したアロマが主導権を握りますが、

最終的にはワインに”枯れた”印象を与えます。ワインの中にはうまく熟成せず、

若いうちに飲んだ方がおいしいものもあります。





醸造課程から得られる香りスチールタンク、木樽、バリック(小ぶりの木樽)のどれを使うかによって、ワインの香りは大きく左右します。

また、タンクや樽を使う頻度やトースティング(木樽を火にくべて焼くこと)の度合いによって、

バニラ香からカラメル香までの香りが加わるでしょう。

さらに、酵母菌細胞をかき回す工程(バトナージュ)によって、イーストやバターの香りが生じるでしょう。

このように、醸造の課程で生じる香りは、飲み頃のワインでは香りの脇役にも、また主役にもなりますね♪


本日グラスホルダー届きますヽ(^o^)丿早くセラーが届いて欲しいなあ(@^^)/~~~

本日も御予約真に有り難うございますm(__)m

スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

裏香里園の日韓料理さくら兄弟料理人(*^_^*)

Author:裏香里園の日韓料理さくら兄弟料理人(*^_^*)
日韓料理さくらのブ♪ロ♪グ♪へようこそです♪
~料理人の兄弟でーす♪~
食育インストラクター 利き酒師 国際薬膳食育師
皆様に食の楽しみを伝えれたらなーっと♪
皆さんと共に健康第一。楽しく美味しく幸せなLIFE TIMEを。。。

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。